お肌の悩みと解決策

お肌の悩みと解決策

HOME >>  お肌の悩み > しわ対策の化粧品について

しわ対策の化粧品について

顔にしわができると、老けた印象や疲れた印象を与えてしまいます。年を重ねたら、若い頃と同じようなハリとうるおいのある肌ではいられないのは仕方ないのは分かっていても、できるだけお肌を若く保ちたいというのが女ゴコロ。しわ対策の化粧品としては、主に「乾燥を防ぐ」「弾力を保つ」「筋肉をリラックスさせる」といった効果のものが市販されています。

「乾燥を防ぐ」というのは、具体的には皮膚の最も表面にある“表皮”にできる「小じわ」や「ちりめんじわ」で、主な原因は乾燥による表皮の硬化です。表皮のしわは、たっぷり水分補給と保湿をすることで、回復することが多いです。
そのため、小じわ対策に良いとされる化粧品には、ヒアルロン酸・セラミド・天然保湿因子(アミノ酸や乳酸塩など)のような、うるおいを蓄える成分や、ホホバオイル・スクアランオイルといったうるおいを閉じ込める成分が配合されています。

表皮の奥にある“真皮”という部分には、コラーゲン線維やエラスチン線維といった、皮膚組織を下支えする線維が詰まっています。これらが加齢や紫外線などの影響で破壊されると、真皮まで刻まれる深いしわとなってしまうのです。これが「真皮じわ」で、小じわ対策のような化粧品では対処できません。

真皮じわに対応した「弾力を保つ」化粧品には、お肌のハリの元となるコラーゲンを生成しやすくする、レチノールやビタミンC誘導体、イソフラボンなどの成分が配当されています。

最後に「筋肉をリラックスさせる」化粧品というのは、こわばって硬くなった顔の「表情筋」を緩めるものです。アルジルリンという表情しわの形成を抑える成分が入っていて、「塗るボトックス」とも言われています。

毎日のスキンケアでも上手に化粧品を選んで、しわができるのを防ぎたいですよね。

© 2014 お肌の悩みと解決策 All Rights Reserved.